〜賜弘法大師号1100年記念〜正当日オンライン法要

令和2年(2020)は空海様が延喜21年(921)に醍醐天皇より「弘法大師」の諡号を贈られて1100年の記念すべき年であります。
さらに、10月27日は正当日にあたり、醍醐天皇より「弘法大師」の諡号を贈られた記念日になります。

四国八十八ヶ所霊場会ではこの記念すべき年に、皆さま方と一緒に記念法要を行い世界の平和と皆さまの暮らしの安寧を祈る予定でしたが、ご承知のように新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、私たちの日々の暮らしが脅かされております。

半年以上の自粛生活が続く中で、皆さん大変息苦しい毎日をお過ごしの事で、これから先の生活も不安が大きかろうと拝察いたします。
また、医療現場や物流の現場では、私たちの生活を支える為に過酷な状況の中でも汗を流してお仕事に携わっておられる方々が居られます。
そこで私たち四国八十八ヶ所霊場会では、 空海さまがお大師様と呼ばれるようになった1100年の節目の日に皆様がたとインターネットを通じて南無大師遍照金剛と、一緒にお唱えしたいと考えています。

1200年前のお大師様が暮らした時代から今日まで常に疫病や難病で私たちの暮らしは脅かされてきました。
いつの世のご先祖様も神仏に手を合わせて祈り、さらに南無大師遍照金剛とお大師さまに手を合わせてきました。今まさにその節目の年に世界中でコロナウイルスという感染症が拡大しております。
皆さま方と一緒に、大師信仰の尊さを再認識しながら、疫病退散・医療従事者等への感謝・災害復興・日常回復・廻向関係物故之聖霊のお勤めをしたいと考えておりますのでご参加、ご協力宜しくお願いいたします。

事業内容

10月27日(火) 時より善通寺御影堂にて霊場会長、各県部会長、常務理事出仕の限られた人数での法会を実施いたします。その様子をネット配信しますので、皆さま方はお持ちのスマートフォンやパソコン、タブレット端末をご利用して四国八十八ヶ所霊場会のホームページよりご覧いただけます。

また、霊場会では八十八億回御宝号念誦プロジェクトという活動を行っております。可能な方はSNSでご自身のお唱えしている写真や動画を、【#88念誦プロジェクト】とハッシュタグを付けて投稿下さい。

参加方法

当日に大勢の方が集 まると感染症予防の観点から好ましくありませんので、当日参加できるお席は準備しておりませんのでご理解下さい。

また法要の様子は、四国八十八ヶ所霊場会ホームページに特設ページ(当ページ)にご準備いたします。配信をご覧になりながら、ご一緒に「南無大師遍照金剛」とお唱えください。どなたでもご自由にご覧になることができます。見逃した方も、後日当ページよりご覧になれます。

スケジュール

  • 法要日
  • 10月27日(火)

  • 法要時間
  • 13時〜配信開始(14時配信終了予定)

    勧募のお願い

    賜弘法大師号1100年記念法要の勧募を、1口2000円で受付いたします。
    お申し込みいただいた方の御氏名を霊場会ホームページにてご紹介させていただきます。
    また記念品として以下のお札2種とオリジナル記念マスクを法会終了後に順次送らせていただきます。
    オンライン法要の記念品

    お申し込み方法

    お申し込み方法は次の3通りです。
    (申込締め切り10月27日)

    ①霊場会事務所に直接申込む方法

    霊場会事務所に直接お申し込みください。
    (月曜日〜土曜日受付)

    ②申込み用紙をダウンロードして申込む方法

    下のボタンから申し込み用紙をダウンロードし、プリントアウトしたものにご記入の上、現金書留に添えて下記の住所にご送付ください。

    申込用紙をダウンロード

    送付先
    〒765-0004
    香川県善通寺市善通寺町1065-1
    一般社団法人四国八十八ヶ所霊場会

    ③郵便局振替口座で振込む方法

    下記の郵便局振替口座にてお振込みください。

    振替口座
    口座01640-1-2713

    〜新型コロナウィルス終息を願い〜 御宝号88億回念誦プロジェクトのおすすめ

    御宝号88億回念誦プロジェクトについて

    ▶︎御宝号88億回念誦プロジェクト申し込みフォームはこちら◀︎

    弘法大師、お大師さまは「悩みや苦しみを持つものが最後の一人になるまで救い尽くすであろう」との御誓願をもって、承和二(八三五)年、高野山の奥之院に御入定されました。そして、「所々の遺跡を検知して、日々の影向をかかず」の御記文の通り、御誕生と御修行と成道の地であるお四国の地に日々影向され、同行二人と、今もお遍路さんに寄り添い、救いの手を差しのべて下さっております。お四国はこの同行二人という言葉の生まれたところです。