〜賜弘法大師号1100年記念〜正当日オンライン法要

令和2年(2020)は空海様が延喜21年(921)に醍醐天皇より「弘法大師」の諡号を贈られて1100年の記念すべき年であります。
さらに、10月27日は正当日にあたり、醍醐天皇より「弘法大師」の諡号を贈られた記念日になります。

四国八十八ヶ所霊場会ではこの記念すべき年に、皆さま方と一緒に記念法要を行い世界の平和と皆さまの暮らしの安寧を祈る予定でしたが、ご承知のように新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、私たちの日々の暮らしが脅かされております。

半年以上の自粛生活が続く中で、皆さん大変息苦しい毎日をお過ごしの事で、これから先の生活も不安が大きかろうと拝察いたします。
また、医療現場や物流の現場では、私たちの生活を支える為に過酷な状況の中でも汗を流してお仕事に携わっておられる方々が居られます。
そこで私たち四国八十八ヶ所霊場会では、 空海さまがお大師様と呼ばれるようになった1100年の節目の日に皆様がたとインターネットを通じて南無大師遍照金剛と、一緒にお唱えしたいと考えています。

1200年前のお大師様が暮らした時代から今日まで常に疫病や難病で私たちの暮らしは脅かされてきました。
いつの世のご先祖様も神仏に手を合わせて祈り、さらに南無大師遍照金剛とお大師さまに手を合わせてきました。今まさにその節目の年に世界中でコロナウイルスという感染症が拡大しております。
皆さま方と一緒に、大師信仰の尊さを再認識しながら、疫病退散・医療従事者等への感謝・災害復興・日常回復・廻向関係物故之聖霊のお勤めをしたいと考えておりますのでご参加、ご協力宜しくお願いいたします。

事業内容

10月27日(火) 時より善通寺御影堂にて霊場会長、各県部会長、常務理事出仕の限られた人数での法会を実施いたします。その様子をネット配信しますので、皆さま方はお持ちのスマートフォンやパソコン、タブレット端末をご利用して四国八十八ヶ所霊場会のホームページよりご覧いただけます。

また、霊場会では八十八億回御宝号念誦プロジェクトという活動を行っております。可能な方はSNSでご自身のお唱えしている写真や動画を、【#88念誦プロジェクト】とハッシュタグを付けて投稿下さい。

参加方法

当日に大勢の方が集 まると感染症予防の観点から好ましくありませんので、当日参加できるお席は準備しておりませんのでご理解下さい。

また法要の様子は、四国八十八ヶ所霊場会ホームページに特設ページ(当ページ)にご準備いたします。配信をご覧になりながら、ご一緒に「南無大師遍照金剛」とお唱えください。どなたでもご自由にご覧になることができます。見逃した方も、後日当ページよりご覧になれます。

スケジュール

  • 法要日
  • 10月27日(火)

  • 法要時間
  • 13時〜配信開始(14時配信終了予定)

    勧募のお願い

    賜弘法大師号1100年記念法要の勧募を、1口2000円で受付いたします。
    お申し込みいただいた方の御氏名を霊場会ホームページにてご紹介させていただきます。
    また記念品として以下のお札2種とオリジナル記念マスクを法会終了後に順次送らせていただきます。
    オンライン法要の記念品

    お申し込み方法

    お申し込み方法は次の3通りです。
    (申込締め切り10月27日)

    ①霊場会事務所に直接申込む方法

    霊場会事務所に直接お申し込みください。
    (月曜日〜土曜日受付)

    ②申込み用紙をダウンロードして申込む方法

    下のボタンから申し込み用紙をダウンロードし、プリントアウトしたものにご記入の上、現金書留に添えて下記の住所にご送付ください。

    申込用紙をダウンロード

    送付先
    〒765-0004
    香川県善通寺市善通寺町1065-1
    一般社団法人四国八十八ヶ所霊場会

    ③郵便局振替口座で振込む方法

    下記の郵便局振替口座にてお振込みください。

    振替口座
    口座01640-1-2713

    〜新型コロナウィルス終息を願い〜 御宝号88億回念誦プロジェクトのおすすめ

    御宝号88億回念誦プロジェクトについて

    ▶︎御宝号88億回念誦プロジェクト申し込みフォームはこちら◀︎

    弘法大師、お大師さまは「悩みや苦しみを持つものが最後の一人になるまで救い尽くすであろう」との御誓願をもって、承和二(八三五)年、高野山の奥之院に御入定されました。そして、「所々の遺跡を検知して、日々の影向をかかず」の御記文の通り、御誕生と御修行と成道の地であるお四国の地に日々影向され、同行二人と、今もお遍路さんに寄り添い、救いの手を差しのべて下さっております。お四国はこの同行二人という言葉の生まれたところです。

    〜新型コロナウィルス終息を願い〜 御宝号88億回念誦プロジェクトのおすすめ

    御宝号88億回念誦プロジェクトについて

    ▶︎御宝号88億回念誦プロジェクト申し込みフォームはこちら◀︎

    弘法大師、お大師さまは「悩みや苦しみを持つものが最後の一人になるまで救い尽くすであろう」との御誓願をもって、承和2(835)年、高野山の奥之院に御入定されました。そして、「所々の遺跡を検知して、日々の影向をかかず」の御記文の通り、御誕生と御修行と成道の地であるお四国の地に日々影向され、同行二人と、今もお遍路さんに寄り添い、救いの手を差しのべて下さっております。お四国はこの同行二人という言葉の生まれたところです。

    御入定から87年後、延喜21(921)年、再生の時熟し、お大師さまは醍醐天皇の夢枕に立たれ。「たかの山、結ぶ庵に袖朽ちて、苔の下にぞ有明の月」という和歌をお読みになられました。このことに心を動かされた醍醐天皇は、「弘法大師」の諡号と桧皮色(ひわだいろ)の衣を下賜されました。この時、観賢僧正がはじめて高野山奥之院の御廟の岩屋の扉を開かれました。まだお体は温かく、お髪が長くのびておられたので、それをお剃り申し上げ、御衣を被せ奉りました。下向の途につきますと、お大師さま自らお出ましになり、無明の橋までお見送り下さいました。

    そして、「これから先何人によらず、この奥之院に参詣するものは、この無明の橋まで迎えてまた送るであろう」との言葉を下されました。観賢僧正が橋の袂でお別れをして、橋を渡ります。渡り終わって振り向きますと、まだ向こうから橋の袂でお見送り下さっている―その時、あまりのもったいなさに僧正の口より「南無大師遍照金剛」と思わず声がこぼれました。これが「南無大師遍照金剛」(御宝号)の最初であります。この「遍照金剛」は、お師匠である恵果和尚(唐・長安)よりいただいたお名前で、大日如来を意味し、日本列島の日(太陽)を本とする国にふさわしいお名前と言われております。

    御入定(835)、御衣替え(921)の再生の儀礼を経て、歴史上の空海上人は、同行二人の大師信仰の「お大師さま」になられました。 この時、延喜21(921)年から令和2年(2020)は、千百年の記念すべき年にあたります。

    四国八十八ヶ所霊場会では、令和元年10月27日に「賜弘法大師諡号1100年御待ち受け法会」を行い、「御宝号88億回念誦プロジェクト」を立ち上げました。 私たち一人一人の御宝号の念誦の祈りは、生きとし生けるものすべての幸せを願うお大師さまの永遠の祈りと合流して、自分も他の人も救われる悟りの世界に導かれます。同行二人の道は、わたしたち一人一人が菩薩となる道です。

    奇しくも、令和元年末より新型コロナウィルスが世界中を不安に陥れており、この度世界平和、万民豊楽、各家先祖代々菩提に加えて、感染症退散、災害復興、日常回復、廻向関係物故之精霊、また医療、福祉、物流等の現場で感染リスクにさらされながら社会を支えて下さっているすべての人々への感謝を込めて、このプロジェクトを強力にすすめることとなりました。どうか皆さまのご参加、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

    入力の仕方

    • ニックネーム、日付、念誦回数、住所は入力の為に必須の項目となります。
    • ※備考はお唱えした場面や状況などをご入力ください。

    • 実名や詳細な住所のご入力はトラブルの原因となる恐れがございますのでお控えください。
    • 念誦申告結果は88億回に達するまで表示させていただきます。
    • 表示は日付順です。同じ日付の場合は最後に入力された方が一番上に表示されます。

     

    御宝号88億回念誦プロジェクト申し込みフォームはこちら

    新型コロナウイルスの感染対策について 8月5日更新版

    各寺院の現在の対応状況について

    6月1日(月)より各寺院の納経受付に関しては全て通常通りとなっております。

    また今後第二波、第三波がおとずれた場合の対応に関しては政府、県政の方針を踏まえつつ、感染拡大の状況に応じて適宜判断し、当HPまたは霊場会公式SNS(Twitter、Facebook)にて随時お知らせいたします。

    ウィズコロナ時代のお詣り作法については以下のリンクからご覧ください。

    ウィズコロナ時代のお詣り作法

    コロナ禍中の巡拝について

    この度の新型コロナウイルスの感染拡大で被害を受けられた皆様、また不安な日々を過ごされている皆様、罹患された皆様に対し、謹んでお見舞いを申し上げますと共に亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。

    そして最前線で活躍される医療従事者の方々、私たちの生活のために社会インフラの確保にご尽力されている方々に厚く御礼申し上げます。

    さて、4月10日(金)に政府より「緊急事態宣言」が発出され、17日(金)には全国の都道府県へ拡大し、更に5月6日(水)に5月31日(日)まで延長されましたが、5月14日(木)に39県は「非常事態宣言」が解除され、5月25日(月)にはすべての都道府県で「非常事態宣言」が解除されました。

    しかし連日のニュースなどでも取り上げられているように依然として新型コロナウイルスの脅威がなくなったわけではありませんので、引き続き参拝者の皆様には「手洗い」、「うがい」、「マスク着用」など基本行動に加え、密閉・密集・密接の感染予防にご注意いただき、ご自身の健康や、皆さまの大切な人の命を守るためにも政府の基準に従った巡拝をお願い申し上げますと共に一日も早い終息のため、ご一緒に疫病退散、病気平癒、身体健康をお祈りいただければ幸いです。

    また5月25日(月)の首相官邸の会見(一部抜粋)では

    「我が国では、人口当たりの感染者数や死亡者数を、G7、主要先進国の中でも、圧倒的に少なく抑え込むことができています。これまでの私たちの取組は確実に成果を挙げており、世界の期待と注目を集めています。

    そして本日、ここから緊急事態宣言全面解除後の次なるステージへ、国民の皆様とともに力強い一歩を踏み出します。目指すは、新たな日常をつくり上げることです。ここから先は発想を変えていきましょう。

    社会経済活動を厳しく制限するこれまでのやり方では、私たちの仕事や暮らし、そのものが立ち行かなくなります。命を守るためにこそ、今、求められているのは、新しいやり方で日常の社会経済活動を取り戻していくことだと思います。

    ~中略~

    ガイドラインを完全に守って行動したとしても、感染リスクをゼロにはできない。試行錯誤も覚悟しなければなりません。感染を抑えながら完全なる日常を取り戻していくための道のりは、かなりの時間を要することになります。

    ~中略~

    ただ一点、強調しておかなければならないことがあります。それは、緊急事態が解除された後でも私たちの身の回りにウイルスは確実に存在しているということであります。ひとたび気を緩め、ウイルスへの警戒、感染予防を怠った途端、一気に感染が広がっていく。これがこのウイルスの最も怖いところです。

    感染防止を徹底しながら、同時に社会経済活動を回復させていく。この両立は極めて難しいチャレンジであり、次なる流行のおそれは常にあります。それでも、この1か月余りで国民の皆様はこのウイルスを正しく恐れ、必要な行動変容に協力してくださいました。こまめな手洗い、今や外出するときはほとんどの方がマスクを着けておられます。店のレジは、人と人との距離を取って列をつくるなど、3つの密を避ける取組を実践してくださっています。こうした新しい生活様式をこれからも続けてくだされば、最悪の事態は回避できると私は信じます。

    ~中略~

    緊急事態が解除された後の次なるステージにおいても、国民の皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

    と全国民一丸となってウイルスへの警戒や新しい生活様式を継続し、社会経済活動の回復に向けてのガイドラインを示されたことを踏まえ(一社)四国八十八ヶ所霊場会では、参拝におこしになる皆様へ政府の基準に従った巡拝を公式にお願い申し上げるべきと考えました。

    何卒ご理解とご協力賜りますよう心よりお願い申し上げます。

    私たち四国八十八ヶ所霊場会の寺院一同は一日も早い感染の終息を皆様と共にお祈りしておりますと共に新型コロナウイルス感染拡大が完全に終息した暁には元気に四国八十八ヶ所霊場の巡拝を再開していただけますよう心より願っております。

    合掌

    2020.04.14 更新

    2020.05.05 更新

    2020.05.10 更新

    2020.05.15 更新

    2020.05.28 更新

    2020.06.02 更新

    2020.08.05 更新