新年のご挨拶

旧年は皆様にはお世話になりました。本年もよろしくお願い申し上げます。
昨年はコロナ禍の為、霊場会の行事は中止、縮小を余儀なくされましたが、唯一「オンライン法要」で善通寺様の御影堂に於いて、皆様のご協力のもと諡号賜1100年の記念法要・新型コロナ退散祈願会(10月27日)を営むことができました。
法要に際しまして皆様からのご協力、ご支援重ねて厚く御礼申し上げます。

昨年7月から感染症拡大防止対策(マスク着用・手指洗い・ソーシャルディスタンス(間隔をあける))を講じながら、社会生活を営むという「新しい形」での生活様式が政府から呼びかけられるようになりました。

またGoToキャンペーンも始まり、9月頃から少しずつ「新しい形」でのお遍路さんの参拝も多くなってきております。
今後も感染症拡大防止を踏まえた、「新しい形」でのお遍路をしていただきたいと思います。
新年は、各行事を「新しい形」で行うことができますよう、そして、コロナ禍を克服する一歩を力強く踏み出すことのできる一年になりますよう願っております。

お大師さまの時代も、天然痘ウィルス等の感染症に悩まされ続けており、嵯峨天皇のもと、


、寺社での祈祷

、米(現在の現金)や煎じ薬等の給付

、斎戒・飲酒の禁止・殺生の禁止・病人の救済

、納税の免除


などの対策が行われたことが史料に残されております。
いつの時代でも、人の講ずることは特別なことではなく、「神仏に祈ること」と「人事を尽くすこと」の両輪です。そして、人事を尽くすことによって、神仏がその祈りに応えて下さるものとの思いは同じであります。

お大師さまはこの祈りに、嵯峨天皇に般若心経の写経をおすすめし、全国で「悔過(けか)」という光明真言や薬師如来の御真言を唱える護国法会を進言されました。

今、四国霊場会では、皆様お一人おひとりの健康と幸せ・世界中のコロナ禍の収束を祈願して、全国信徒の皆様に般若心経の写経や、お唱えしていただくことをおすすめすると共に昨年9月には、「御宝号88億回念誦プロジェクト」を立ち上げました。
皆様に「南無大師遍照金剛」の御宝号をお唱えいただき、スマホやパソコンなどの端末機で「(一社)四国八十八ヶ所霊場会」の公式ホームページを開き、一日一日に唱えた数を入力していただき、皆様のお唱えいただいた数を合計して、88億回(世界の人口がもうすぐ88億人となりますので)にしようというプロジェクトです。皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

今も、全国の医療現場では深刻な状況が続いており、医療、福祉、物流関係者等々に従事されている皆さんには、感染リスクにさらされながら日々の業務に精励され、社会の日常を支えていただいています。
私たちも一人ひとりの努力で、感染症に強い社会を作らねばなりません。事態は刻々と変化しており、イギリス、アメリカなどではワクチンの接種が始まっております。皆様も政府や各都道府県の発表する情報を随時確認しながら行動していただきたいと思います。
そして、御宝号を念誦し、お大師さまと同行二人でこの苦難を乗り越えていきたいと思っております。

四国八十八ヶ所霊場会 会長
四国霊場第6番札所 安楽寺
住職 畠田秀峰

合掌

GoToトラベルキャンペーンの地域共通クーポン券使用可能な霊場寺院お知らせ

GoToトラベルキャンペーンの地域共通クーポンが令和2年10月1日より運用が始まりました。
四国の霊場寺院でも使用できるお寺がございますので、ご案内申し上げます。
使用可能な地域やクーポンの種類は各寺院で異なりますので、下記の表でご確認ください。

※使用期間:令和2年10月1日~令和3年1月31日
※クーポンが使えるお品等は各所でご確認ください。
※訪問地によってクーポンを使えるエリアが異なります。
また、全ての札所で使えるわけではありませんので、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

使用可能な霊場寺院一覧

寺番号寺名紙クーポン電子クーポン使用可能エリア
徳島1霊山寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島2極楽寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島3金泉寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島4大日寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島5地蔵寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島6安楽寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島7十楽寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島8熊谷寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島9法輪寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島10切幡寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島11藤井寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島12焼山寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島13大日寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島14常楽寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島15国分寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島16観音寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島17井戸寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島18恩山寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島19立江寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島20鶴林寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島21太龍寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島22平等寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
徳島23薬王寺徳島・香川・愛媛・高知・兵庫・和歌山
高知24最御崎寺高知・徳島・愛媛
高知25津照寺高知・徳島・愛媛
高知26金剛頂寺高知・徳島・愛媛
高知27神峯寺高知・徳島・愛媛
高知28大日寺高知・徳島・愛媛
高知29国分寺高知・徳島・愛媛
高知30善楽寺高知・徳島・愛媛
高知31竹林寺高知・徳島・愛媛
高知32禅師峰寺高知・徳島・愛媛
高知33雪蹊寺高知・徳島・愛媛
高知34種間寺高知・徳島・愛媛
高知35清滝寺高知・徳島・愛媛
高知36青龍寺高知・徳島・愛媛
高知37岩本寺高知・徳島・愛媛
高知38金剛福寺高知・徳島・愛媛
高知39延光寺高知・徳島・愛媛
愛媛40観自在寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛41龍光寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛42仏木寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛43明石寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛44大寶寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛45岩屋寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛46浄瑠璃寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛47八坂寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛48西林寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛49浄土寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛50繁多寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛51石手寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛52太山寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛53円明寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛54延命寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛55南光坊愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛56泰山寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛57栄福寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛58仙遊寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛59国分寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛60横峰寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛61香園寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛62宝寿寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛63吉祥寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛64前神寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
愛媛65三角寺愛媛・徳島・香川・高知・広島・山口・大分
香川66雲辺寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川67大興寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川68神恵院香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川69観音寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川70本山寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川71弥谷寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川72曼荼羅寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川73出釈迦寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川74甲山寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川75善通寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川76金倉寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川77道隆寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川78郷照寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川79天皇寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川80国分寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川81白峯寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川82根香寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川83一宮寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川84屋島寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川85八栗寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川86志度寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川87長尾寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫
香川88大窪寺香川・徳島・愛媛・岡山・兵庫

〜新型コロナウィルス終息を願い〜 御宝号88億回念誦プロジェクトのおすすめ

御宝号88億回念誦プロジェクトについて

▶︎御宝号88億回念誦プロジェクト申し込みフォームはこちら◀︎

弘法大師、お大師さまは「悩みや苦しみを持つものが最後の一人になるまで救い尽くすであろう」との御誓願をもって、承和二(八三五)年、高野山の奥之院に御入定されました。そして、「所々の遺跡を検知して、日々の影向をかかず」の御記文の通り、御誕生と御修行と成道の地であるお四国の地に日々影向され、同行二人と、今もお遍路さんに寄り添い、救いの手を差しのべて下さっております。お四国はこの同行二人という言葉の生まれたところです。

〜新型コロナウィルス終息を願い〜 御宝号88億回念誦プロジェクトのおすすめ

御宝号88億回念誦プロジェクトについて

▶︎御宝号88億回念誦プロジェクト申し込みフォームはこちら◀︎

弘法大師、お大師さまは「悩みや苦しみを持つものが最後の一人になるまで救い尽くすであろう」との御誓願をもって、承和2(835)年、高野山の奥之院に御入定されました。そして、「所々の遺跡を検知して、日々の影向をかかず」の御記文の通り、御誕生と御修行と成道の地であるお四国の地に日々影向され、同行二人と、今もお遍路さんに寄り添い、救いの手を差しのべて下さっております。お四国はこの同行二人という言葉の生まれたところです。

御入定から87年後、延喜21(921)年、再生の時熟し、お大師さまは醍醐天皇の夢枕に立たれ。「たかの山、結ぶ庵に袖朽ちて、苔の下にぞ有明の月」という和歌をお読みになられました。このことに心を動かされた醍醐天皇は、「弘法大師」の諡号と桧皮色(ひわだいろ)の衣を下賜されました。この時、観賢僧正がはじめて高野山奥之院の御廟の岩屋の扉を開かれました。まだお体は温かく、お髪が長くのびておられたので、それをお剃り申し上げ、御衣を被せ奉りました。下向の途につきますと、お大師さま自らお出ましになり、無明の橋までお見送り下さいました。

そして、「これから先何人によらず、この奥之院に参詣するものは、この無明の橋まで迎えてまた送るであろう」との言葉を下されました。観賢僧正が橋の袂でお別れをして、橋を渡ります。渡り終わって振り向きますと、まだ向こうから橋の袂でお見送り下さっている―その時、あまりのもったいなさに僧正の口より「南無大師遍照金剛」と思わず声がこぼれました。これが「南無大師遍照金剛」(御宝号)の最初であります。この「遍照金剛」は、お師匠である恵果和尚(唐・長安)よりいただいたお名前で、大日如来を意味し、日本列島の日(太陽)を本とする国にふさわしいお名前と言われております。

御入定(835)、御衣替え(921)の再生の儀礼を経て、歴史上の空海上人は、同行二人の大師信仰の「お大師さま」になられました。 この時、延喜21(921)年から令和2年(2020)は、千百年の記念すべき年にあたります。

四国八十八ヶ所霊場会では、令和元年10月27日に「賜弘法大師諡号1100年御待ち受け法会」を行い、「御宝号88億回念誦プロジェクト」を立ち上げました。 私たち一人一人の御宝号の念誦の祈りは、生きとし生けるものすべての幸せを願うお大師さまの永遠の祈りと合流して、自分も他の人も救われる悟りの世界に導かれます。同行二人の道は、わたしたち一人一人が菩薩となる道です。

奇しくも、令和元年末より新型コロナウィルスが世界中を不安に陥れており、この度世界平和、万民豊楽、各家先祖代々菩提に加えて、感染症退散、災害復興、日常回復、廻向関係物故之精霊、また医療、福祉、物流等の現場で感染リスクにさらされながら社会を支えて下さっているすべての人々への感謝を込めて、このプロジェクトを強力にすすめることとなりました。どうか皆さまのご参加、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

入力の仕方

  • ニックネーム、日付、念誦回数、住所は入力の為に必須の項目となります。
  • ※備考はお唱えした場面や状況などをご入力ください。

  • 実名や詳細な住所のご入力はトラブルの原因となる恐れがございますのでお控えください。
  • 念誦申告結果は88億回に達するまで表示させていただきます。
  • 表示は日付順です。同じ日付の場合は最後に入力された方が一番上に表示されます。

 

御宝号88億回念誦プロジェクト申し込みフォームはこちら

賜弘法大師号1100年記念事業のご案内

賜弘法大師号1100年記念事業のご案内

2020年に弘法大師号を醍醐天皇から授与(延喜21年:921年10月27日)いただき1100年の記念の年を迎えることを記念し、『賜弘法大師号1100年記念事業』と題しまして四国八十八ヶ所霊場会で行う3つの記念事業のご案内を申し上げます。

2020年に賜弘法大師号1100年記念、2023年に弘法大師御生誕1250年記念を迎えます。四国霊場では上記の事業に加え、記念に年に向けて様々な事業を企画しております。
準備が出来次第、皆さまにお知らせいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

この記念の年にぜひ四国の地へとお越しください。
皆さまが素敵なご縁に出合えますよう、ご祈念申し上げます。

①御詠歌札の配布について

御詠歌札

事業内容

各霊場の御詠歌を記載したお札を帳面とお軸を納経いただいた方に無料で配布いたします。別途、ご希望の方には100円で授与いたします。 これは四国霊場の88の寺院を巡ると集める事の出来る各寺院の御詠歌が印字されたお札で、掛け軸や額装または屏風仕立てにと自在に飾れるものとなっております。

配布期間と配布方法

配布期間:2019年5月1日~2021年12月31日(2年8ヵ月)
配布方法:掛け軸、納経帳にお納経いただいた方に無料で配布いたします。
※別途希望者には100円で授与いたします。

御詠歌札御影広告


②賜弘法大師号1100年記念大師納経について


2020年に真言宗の宗祖である空海上人が弘法大師の諡(おくりな)を醍醐天皇より賜り1100年を迎える年を記念して、四国八十八ヶ所霊場会では「大師納経」を新たに授与いたします。お大師さまのお納経を各霊場寺院で授与、また全て集め終えると、霊場会特製の記念納経帳ができあがります。

※大師納経は令和2年1月1日より授与いたします。
※納経帳の製本にはお申込みが必要です。

記念大師納経の詳細

⑴お納経の授与について

四国八十八ヶ所霊場にて、お大師さまのお納経を授与いたします。

お大師さまのお納経

※お大師さまのお納経が施されたお納経用紙をビニールに入れてお渡しいたします。御宝印の形容は各霊場寺院によってすべて異なります。
※お大師さまのお納経が施されたお納経用紙をビニールに入れてお渡しいたします。御宝印の形容は各霊場寺院によってすべて異なります。

※お納経代として300円申し受けます。

※今回の大師納経は、従来の納経帳・朱印帳、また掛け軸、白衣には記帳・押印いたしません。あらかじめご了承ください。

※大師納経のデザインは授与期間中に変更する場合もありますので、あらかじめご了承ください。

⑵集め終わったら

全て集め終えましたら、全てのお納経を四国八十八ヶ所霊場会事務所までご郵送ください。
※製本申込用紙と送付用シールは基本的に下記の寺院で配布しております。

1番霊山寺、75番善通寺、88番大窪寺

※下記のリンクより申込用紙等をダウンロードいただき、印刷の上ご利用いただくことも可能です。縮小、拡大せずにA4サイズ印刷してご利用ください。

申込用紙をダウンロード

⑶ご返送について

特製納経帳に製本してご返送いたします。表紙はお好きな図柄よりお選びいただけます。

特製納経帳

※製本は有料(3,500円〈税・送料込〉)となります。
※霊場会特製納経帳に製本をお申込みいただいた方には、霊場会公式の結願の証と記念散華を合わせて授与いたします。

大師諡号とは

高僧の人徳や功績を讃えて贈る尊称です。諡は「おくりな」と読み、「贈り名」を意味します。真言宗の宗祖である空海上人は延喜21(921)年、10月27日に醍醐天皇より「弘法大師」の諡号が贈られました。弘法は「弘法利生~仏法を弘め、衆生を利する~」に由来すると云われています。歴史上、天皇から大師号を下賜(かし)された高僧は25名にのぼりますが、「大師は弘法にとられ、太閤は秀吉にとられる」の格言にある通り、大師と言えば弘法大師を指すことが一般的になっています。これは弘法大師が時代や宗派の垣根を越えて広く親しまれ、信仰されていることの顕(あらわ)れと言えるでしょう。

大師納経チラシ


③賜弘法大師1100年記念【特別品】修行大師御影について

賜弘法大師1100年を記念して今回新たに四国八十八ヶ所霊場会限定の修行大師御影を特別にご用意いたしました。

記念御姿

この御影は今回授与する御詠歌札の中心に配置して表具する事ができます。
その他に、既存の白黒御影や彩色御影の表具にもお使いいただけます。
この機会にぜひお求めください。
なお、【特別品】修行大師御影は下記の四国八十八ヶ所霊場会事務所にて千円にて授与しております。


④賜弘法大師号1100年記念 結縁「大師堂」「大師像」御開帳・御手綱について

設置期間:令和2年1月1日(水)~12月31日(木)
※現在は新型コロナ感染拡大防止のために御手綱の設置を当面の間、見合わせております。
※弘法大師諡号1100年記念弘法大師結縁事業の日程のご確認は以下の画像をクリックしてください。

(ダウンロード・印刷が可能です。)

弘法大師諡号1100年日程

その他ご不明な点がありましたら下記までお問い合わせください。

(一社)四国八十八ヶ所霊場会事務所